内臓脂肪

ラクトフェリンって何かご存知?出産後の母乳に含まれるミラクル成分

 

今、女性の間でとても高い注目を集めているラクトフェリンというものをご存じでしょうか?インターネット上や雑誌などでも話題になっていますので、その言葉を耳にしたことがある、という方は多いでしょう。しかし、具体的にはどんなものなのかわかっていない、という方も少なくないようです。

 

そこで、ここでは今大注目を集めているラクトフェリンについてご紹介しましょう。

 

◆ラクトフェリンって一体なに?

簡単に言ってしまえば、ラクトフェリンとは栄養素の一つです。母乳の中に豊富に含まれる栄養素で、今では女性の美と健康を守るためアイテムとして定番になっているプラセンタと同様に、非常に大きな意味を持つ栄養素であることがわかっています。

 

このラクトフェリンは、糖たんぱく質の一種で、体内でさまざまな働きをしてくれます。こういったタイプの成分は「多機能たんぱく質」と呼ばれ、私達の健康を維持するために欠かすことのできない役割を担っています。

 

特に、ラクトフェリンは母乳に多く含まれていることからわかるように、まだ免疫力が十分でない赤ちゃんを守る役割も持っています。もちろん、赤ちゃんだけでなく、成人になってもその効果は絶大なものです。
では、成人にとってのラクトフェリンはどんな働きをしてくれるのでしょう?
ラクトフェリン1

◆ラクトフェリンの持つ驚きの効果とは?

まず、ラクトフェリンの効果の中で、特に高い注目を集めているのが免疫を強化し、ウイルスなどを減少してくれる、というものです。ヘリコバクターやピロリ菌、さらには大腸菌などへの効果もあり、さまざまな健康トラブルの解消をサポートしてくれます。
また、皮膚への働きも強く、アトピー性皮膚炎へ働きかけ、その症状を和らげる効果があることもわかっています。

 

この他にも、身体の分泌物への影響も確認されており、体臭やワキガの防止、そして代謝の改善までサポートしてくれます。

 

このように、非常に多くの効果が確認されていますが、これでもまだ一部に過ぎません。ラクトフェリンという栄養素は、まだまだ大きなパワーを秘めていると言えるのです。
健康な方はその状態を維持することをしっかりとサポートしてくれますし、何か健康上、美容上のトラブルを抱えている方は、その症状の改善にも役立ってくれるのです。
ラクトフェリン2
今、とても高い注目をあつめているラクトフェリンについて、少しだけ踏み込んでご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?あまりにも大きな効果を秘めていることに驚いてしまった、という方も多いことでしょう。今日では、サプリメントやヨーグルト、ドリンクなどさまざまな形で摂取できるようになっています。一度試してみる価値は十分にあるでしょう。

 

ラクトフェリンはダイエット効果あるって本当?脂肪を分解・抑制する

 

ラクトフェリンと言えば、健康維持のための効果が特に注目されています。抵抗力をアップしたり、身体に悪影響を及ぼすウイルスなどへの殺菌効果も期待できることから、ほとんどの方が健康の維持のための栄養素、というイメージを持っているかもしれません。
もちろん、これはラクトフェリンの持つ大きな魅力の一つですが、この栄養素の持つ効果はそれだけではありません。

 

実は、ダイエットにも効果があることがわかっているのです。ここではラクトフェリンのダイエット効果についてお話しましょう。

 

◆どうしてラクトフェリンにダイエット効果がある?

ラクトフェリン3
まず、具体的にどのような仕組みでラクトフェリンがダイエットに対して効果を発揮してくれるのかを考えてみましょう。
ラクトフェリンが持つ効果の一つに、代謝の改善が挙げられます。特に、脂肪代謝を向上させる効果が高いことがわかっています。いわゆる、「脂肪を燃焼」させやすくする、という効果があるのです。脂肪代謝をアップすることができれば、当然ダイエット効果を期待できるでしょう。

 

また、ラクトフェリンには整腸作用があります。これによって便秘などの解消が期待できます。これもダイエットに良い効果をもたらしてくれるのは言うまでもありません。

 

さらに、ホルモンバランスを整える働きもありますので、さらに代謝の効率アップに繋がります。

 

このように、ラクトフェリンはさまざまな角度からダイエットをサポートしてくれる栄養素なのです。

 

◆ラクトフェリンで効果的にダイエットをするには?

ラクトフェリン4
では、具体的にはどのようにラクトフェリンを摂取すれば、より高いダイエット効果を発揮できるのでしょうか?
前述の通り、ラクトフェリンは代謝の効率アップをサポートしてくれますので、身体を動かす前などに摂取することによって、より高い効果を期待できるでしょう。
特にダイエットのために運動をしているわけではない、という方の場合は活動を開始する朝の段階で摂取するのがおすすめです。こうすることによって、普段の生活の中で、より脂肪を燃焼させることができるでしょう。

 

もちろん、ラクトフェリンはあくまでダイエットをサポートしてくれるものです。なので、ダイエットを成功させるには適度な運動や、人によっては食生活の見直しも欠かせません。この点もしっかりと頭に入れておけば、ラクトフェリンの効果を最大限に発揮できるはずです。

 

健康維持のための栄養素として人気のラクトフェリンですが、ここでご紹介しました通り、ダイエットにおいても高い効果を発揮してくれます。

 

ダイエット系のサプリで
ラクトフェリンならライオンが有名でオススメですよ!

 

 

プチ断食で体の中を一旦キレイにし、内臓脂肪も解消

 

太り気味の人はもちろんですが、見た目が痩せていても、実は内臓脂肪が蓄積されている人は結構います。内臓脂肪は、糖尿病、脳梗塞、高脂血症といった生活習慣病のリスクを高めるだけでなく、死亡する確率も高める原因となります。知らず知らずのうちに、病気になりやすい体になってしまっているのです。
こうした内臓脂肪を効果的に改善するのにオススメな方法として、プチ断食があります。断食と聞くと、物凄く我慢したりやストレスが溜まるといったイメージがありますが、プチ断食なら、そういった辛い思いをせずに気軽にやることができます。
ラクトフェリン6
プチ断食は、前回食事をした時間から最低18時間以上何も食べずに過ごす方法です。例えば、前日の夜食事をした時間から、次の日の朝食と昼食は抜き、水分と塩分で過ごします。その後、おやつか夕食を食べるといった感じです。朝食と昼食を抜くと聞くと、なんだか長時間空腹が続くように思いますが、何かに集中したりしていれば、あっという間に過ぎてしまうぐらいの時間です。無理に我慢するのではなく、昨日の夜少し食べ過ぎてしまったなと言った時は、なんだか今日は食欲がないなといった時に実行すると、自然な形でプチ断食ができるかと思います。ただ注意しなければいけないのは、水分補給はしっかり行うことと、無理し過ぎないことです。
この他、食事を酵素ドリンクに置き換えるプチ断食もオススメの方法です。どうしても朝なにか口にしたい、物足りなさがあるといった方に最適です。酵素ドリンクを朝食に置き換えて摂取することで、断食効果を実感できます。酵素は、代謝や消化機能を高める働きがあるので、より効果的に内臓脂肪を解消することができます。
プチ断食のメリットは、過剰摂取による脂肪の蓄積を抑える効果があることです。3食規則正しく食べることももちろん良い事ですが、それほどお腹が空いていないのに食べれば当然のことながら、過剰に摂取した栄養素は脂肪として蓄積されていってしまいます。夜、食べ過ぎた翌日は、プチ断食をすることで、余分な脂肪の蓄積を抑えることができます。
ラクトフェリン5
またプチ断食は、胃腸機能を休めることにも繋がります。これにより、デトックス効果が高まり、体内を一旦リセットし、内臓脂肪減少効果も期待できます。腸内環境が整い、血行も良くなるので、代謝がアップし、内臓脂肪がつきにくい体づくりも目指すことができます。

 

内臓脂肪を燃焼させる腹式呼吸

 

ラクトフェリン8
我が家の夫はメタボ体型で、お腹にはぽっこりと脂肪がついています。これまで痩せるためにサプリを試したり、腹筋をしたりしていましたが、面倒なことが苦手で三日坊主な夫は長続きしませんでした。
そんな夫のぽっこりお腹が最近少しへこんできていて不思議に思ったところ、夫は腹式呼吸をして内臓脂肪を燃焼させようと頑張っているようでした。

 

腹筋も効果的ではありますが、夫は180p、85sという大きい体をしていて、腹筋をすることで腰に負担がかかるので、あまり何度もできないと言っていました。そういった人に手軽にできる方法ということで腹式呼吸について調べてみると、内臓脂肪に効果が出ることがわかりました。

 

腹式呼吸で内臓脂肪を燃焼させることは、どこにいても誰でも手軽にできるところが魅力的です。腹式呼吸の方法としては、お腹をへこませるようにして10~15秒かけて息をゆっくりと吐き出し、全部息を吐き切ったところで時間をかけて吸い込みます。これを繰り返していくうちに、内臓脂肪が燃焼していくというのです。

 

夫は会社員でデスクワークをしていて、体を動かす機会が少ないですし、運動もあまり好きではないのですが、腹式呼吸は苦にならないし、仕事中にもできるということで続いているようです。
内臓脂肪を放置しておくと、生活習慣病になる可能性が高まりますし、大病につながる危険な状態に陥ります。

 

腹式呼吸で減らせるというのであれば、日常生活の中で呼吸に意識をする時間を作るだけなので、簡単で取り組みやすいと思います。腹式呼吸には脂肪燃焼効果もありますが、それ以外にもインナーマッスルが鍛えられて、基礎代謝が高い体を作り出すことができます。
また腹式呼吸とリラックス効果にも深い関係があり、腹式呼吸を行うことで、リラックスしている状態を作り出せるのです。

 

夫はまだまだぽっこりしたお腹ですが、これから腹式呼吸を続けていくことで、どこまで改善していくのかと楽しみにしています。見た目の問題もぽっこりお腹はちょっとと思いますし、内臓脂肪が多く病気になりやすい状態というのも心配です。
私も先日から腹式呼吸を取り入れていて、激しい運動などとは違って取り組みやすいところに魅力を感じているところです。
ラクトフェリン7